PDF/A

PDF/A とは?

PDF/AはPDFファイル(電子文書)の長期保存を目的とした国際標準規格(ISO19005)です 。
PDF/Aの「A」は“Archive”を意味しており、PDF/A規格で変換・保存することで、長期保存でも環境に依存せず常に正しい表示になるよう、フォントの埋め込みや暗号化の禁止など必須・制限・禁止する項目を定めています。

なお、PDF/Aには複数の規格(PDF/A-1、PDF/A-2、PDF/A-3、PDF/A-4)が存在します。

PDF/A 一覧

「PDF/A-4」に対応しているのは国内では「SkyPDF」だけ!(2022年8月現在)
PDF規格 ISO規格 概要 特徴
PDF/A-1 ISO19005-1 PDF1.4をベースとして定義 ・暗号化禁止
・メタデータ埋め込み
・フォント埋め込み
・外部コンテンツ参照禁止
PDF/A-2 ISO19005-2 ISO32000-1をベースとして定義
基本的な制限事項はPDF/A-1と同等
PDFA-1に対し、ISO32000-1で追加された機能等を許容
・JPEG2000
・PDF/Aファイルの埋め込み
・レイヤー
PDF/A-3 ISO19005-3 PDF/A-2を拡張し、ファイル埋め込みを許可

PDF/A-2に対し、あらゆるファイルを埋め込み可能
※ドキュメントと埋め込みファイルの関係情報の設定が必要

PDF/A-4 ISO19005-4 ISO32000-2をベースとして定義 PDF/A-2,3に対し、ISO32000-2で追加された機能等を許容
PAdES署名 など

PDF/A 対応製品

業務アプリ・システムの出力帳票やOfficeファイルなど → PDF変換しPDF/Aファイルとして保存

業務アプリ・システムの出力帳票やOfficeファイルなどをPDF変換する際に、PDF/A規格を設定することで、PDF/A形式に変換して保存します。
対応製品

           

      

      

        

PDFファイル → PDF/Aファイルとして保存

PDFファイルをPDF/A形式に変換して保存します。
対応製品

  

トピックワード