SkyPDF Server MT 7

SkyPDF Server MT 7
【SIer向け開発キット】大量ドキュメントの高速自動PDF生成エンジン&SDKのセット版
マルチスレッド型のPDF生成エンジンと各種付加機能、さらに「SkyPDF Driver SDK」、「SkyPDF Writer SDK」がセットになったSIer向け開発キット。高速マルチタスク処理を施した「SkyPDF Server MT 7」は、帳票システムなどのアプリケーションと連動したPDF生成を目的に、PDF生成エンジンをより詳細にコントロールしたい開発者向け製品です。
  • サーバー製品
  • 開発キット

製品特長

Microsoft® Windows® Server 2019対応

マイクロソフト社の最新OS「Microsoft® Windows® Server 2019 Desktop Experience」に対応しました。

Microsoft® Office 2019対応

対応アプリケーションにMicrosoft® Office 2019を追加し、高品質のPDFファイルを作成できます。

高速・高圧縮・高品質

Office文書から高速で高圧縮・高品質のPDFファイルを生成します。

マルチスレッド型のPDF生成エンジン

高速マルチタスク処理により、サーバーの性能を最大限に利用して、複数ユーザーの同時応答に対応することができます。

SIer向け開発キット

SkyPDF Driver SDKとSkyPDF Writer SDKがセットになったSIer向けの開発キットです。

簡単操作

印刷機能を有するアプリケーションソフトであれば、プリンターとして「SkyPDF Pro MT Driver」を選択し印刷するだけで簡単にPDFを生成することができます。

機能充実

プリンターのプロパティ画面から、PDFファイルの用紙サイズや解像度などの設定、パスワードを使用した高度なセキュリティ設定など、用途に合わせてさまざまな機能をお使いいただけます。

その他特長

  • カラー・白黒(グレースケール)PDF出力
  • 圧縮方法自動判定
  • 出力方法の改善により、生成するPDFのさらなる軽量化を実現
  • 長期保存を目的としたPDF/A対応
  • PDFのWeb最適化対応:Webページ上で開くPDFに対するPDF生成最適化
  • 多言語対応(日本語・英語)

SkyPDF Server MT 7概念図

SkyPDF Server MT 7概念図

開発キット2種を同梱

SkyPDF Driver SDK

「SkyPDF Server MT 7」PDF生成エンジンの印刷設定(ページ設定、圧縮オプション、フォントの埋め込み、セキュリティ、すかし、PDF/Aなど)を制御し、出来上がったPDFファイルに対して操作、編集を行うSDKです。

SkyPDF Writer SDK

PDF生成時に、Wordのしおり / Excelのシート名 / PowerPointのスライド名を内部解析し、PDFの「しおり」として自動生成するためのSDKです。

SkyPDF Driver SDK 主な機能

用紙の設定

  • 倍率、解像度、向き
  • サイズ、余白

白紙ページ削除

  • 画像ダウンサンプリング

セキュリティ

  • セキュリティレベル
  • ユーザー / マスターパスワード
  • セキュリティの設定値

画像出力方式

  • 通常出力
  • 分的に画像を合成して出力
  • 画像を合成して出力
  • 画像PDF出力

生成するPDFのカラーモード

  • カラー / モノクロ

すかし

  • テキスト / イメージ

圧縮の設定

  • テキストとラインアート
  • 白黒画像
  • カラー / グレースケール画像

保存時の設定

  • 上書きオプションの設定
  • 保存ダイアログ表示 / 非表示
  • ファイル名の日付付加

文書情報

  • タイトル
  • 作成者
  • サブタイトル
  • 文書キーワード

その他

  • フォント埋め込み
  • ハイパーリンク
  • PDF/A設定
  • PDF/X設定
  • Web最適化

SkyPDF Writer SDK 主な機能

  • しおり作成
  • リンク作成
  • Web 最適化
  • タイムアウト値
  • Excelファイルの場合に印刷するシートの範囲の指定

価格

製品価格 お問い合わせください
単価単位 1コア
販売数量 2コア以上
本製品は「製品保守・サポートサービス契約」が必須となります
製品保守・サポートサービス料金:標準価格(ライセンス標準価格総額)の15% / 年(電話およびメールによるお問い合わせ対応、マイナーバージョンアップ対応が含まれています)。