• SkyPDF
  • SkyAgent
  • SKYCOM
  • SkyPAS
  • 会社情報
  • 採用情報

SKYCOM

サポート情報

2015年6月26日
株式会社スカイコム

SkyPDF Server MT 2012における障害対策版リリースのご連絡

平素は、弊社製品をご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

このたびSkyPDF Server MT 2012の障害対策としまして、最新版をリリース致しますので、ご案内申し上げます。
最新バージョン番号は、Ver5.0.13です。

障害対策の内容に関しましては下記にてご説明します。
従来の更新内容詳細につきましては、以下URLにてリリースノートの参照をお願い致します。

■SkyPDF Server MT 2012リリースノート (PDFファイル) http://www.skycom.jp/support/faq/faq/ReleaseNoteMT2012.pdf

アップグレードをご希望される場合は、以下ダウンロードURLよりダウンロードをお願い致します。

■SkyPDF Server MT 2012 ver.5.0.13 ダウンロードURL http://support.skycom.jp/supportfaq/img/download/SkyPDFServerMT2012_Ver5.0.13.zip

※ダウンロードURLはzipファイルになっております。
「解凍」もしくは「すべて展開」をお願い致します。

また先般、弊社製品におきまして以下の問題が発生しております。 本件における当社での調査結果および対策を下記の通りご連絡申し上げます。



1. 対象製品及びバージョン
SkyPDF Server MT 2012の全バージョンに同梱されている SkyPDF Writer SDK

2. 発生する環境
以下の環境下で弊社製品を動作させた場合に発生します。
対象OS:Windows Server 2012/2012 R2
Windows 8/8.1(本製品の動作保証OSではありません。)

3. 発生する現象
上記環境下で、弊社対象製品を使用する際、1つのプリンタードライバー(SkyPDF Server MT Driver)で複数文書を同時にPDF変換した場合、変換依頼をした一部の文書又は全ての文書の後半部分が欠如した状態で変換を終了し、正しくPDF変換ができない。

4. 影響範囲
対象製品を対象環境下で上記 3.の発生条件に該当する処理を実施しているお客様

5. 原因
弊社およびMicrosoft社にて実施した原因の調査により、以下のような動作となっていた。
1つのジョブをスプール中に、別の出力ファイル名を持つジョブを印刷(PDF作成)する事でスプーラーが、そのプリンタのファイル名(宛先ポート)が変更されたと判断する仕組みとなっており、その為、1つ目のジョブが中断され、スプーラーからドライバに渡される印刷データが途中で終了していた。
スプーラ―の上記の仕組みは、Windows Server 2012のOSより、変更されたものである。

6. 対策
Microsoft社より、原因個所のSetPrinterのレベルを変更する事で、回避できる旨の報告を受け、改修を実施。
本メールの上記案内による、製品バージョン5.0.13を対策版としてリリース致します。

7. 当該に関するお問い合わせ先
スカイコム カスタマーサポート
Email:cs@skycom.jp

ご利用のお客様におかれましては、多大なご迷惑おかけ致しますこと、深くお詫び申し上げます。

サービスの導入

03-5807-6011

お問い合わせ・ご意見はこちら

お問い合わせフォームでも承っております。