• SkyPDF
  • SkyAgent
  • SkyPAS
  • 会社情報
  • 採用情報

SKYCOM 20th Anniversary

ニュースリリース

2017年8月 2日
株式会社スカイコム

REST I/Fを利用してPDFの編集や変換技術を利用できるWebAPI 「SkyPDF WebAPI」 をリリース

~Webシステムや、WebアプリケーションからのPDFドキュメントコントロールを容易に実現~

株式会社スカイコム(本社:東京都台東区、代表取締役社長:川橋 郁夫、以下:スカイコム)は、スカイコムが長年にわたり培ってきたPDF技術を利用できるWebAPI(REST I/Fを利用してこれらの機能を提供)『SkyPDF WebAPI』を本日より販売開始します。
本製品を利用することでWebシステムや、WebアプリケーションからのPDFドキュメントコントロールが容易に実現でき、短期間・低コストでのシステム構築、アプリケーション開発が可能となります。
SkyPDF WebAPI


主な機能

POST(リソース作成)

PDFファイルをPOSTすると、リソースURIが作成されます。


PUT(リソース編集)

リソースIDを使用して作成したURIに対してPUTを行うことで、PDF情報の編集を行います。
※サイドバイサイドでPDF編集アプリケーション(SkyPDF Tools SDK Ⅲ)を使用


GET(リソース取得・リソース情報取得)

リソースIDを使用して作成したURIに対してGETを行うことで、編集したPDFファイルのダウンロードやPDF情報を取得します。


DELETE(リソース削除)

作成したリソースを削除します。


手書き文字入力/サイン

ストローク情報をPUTすると、対応する文字を取得できます。



ストローク情報や文字情報などの手書き情報をPDFに埋め込むこともできます。



PDFに埋め込まれた手書き情報を取得できます。

連携対応製品 ※スカイコム製品「SkyPDF Web Server」を別途購入いただく必要がございます。

PDF作成

Office文書等、PDFファイル以外をアップロードすると、SOAPを呼び出してPDF変換し、リソースとすることができます。

API一覧

・PDF文書登録

・ページ数取得

・フォームデータ更新

・元文書登録変換有 ※1

・ページサイズ取得

・フォームデザイン確定

・元文書登録変換無

・セキュリティ情報取得

・フォームデザイン追加

・URL変換 ※1

・PDF/A変換

・フォームデザイン編集

・リソース削除

・文字列追加

・フォームデータを取得

・ファイル添付

・ページ番号挿入

・フォームデザイン取得

・ヘッダ、フッタ追加

・ページ削除

・フォームデザイン削除

・PDF結合

・ページ回転

・手書き情報登録

・透かし追加

・PDF分割(抽出)

・手書き情報取得

・セキュリティ設定変更

・画像取得

・手書き文字認識

・PDF取得

・矩形情報取得

・テキスト取得


※1 連携対応製品(SkyPDF Web Server)が必要です。

システム環境

<ハードウェア環境>

CPU

Xeonプロセッサ 2.0GHz相当

メモリ

利用するOSの推奨に基づく

HDD

32GB以上/300GB推奨
※アップロード容量(利用ボリューム)に応じてご判断ください。

NIC

1Gbps


<ソフトウェア環境>

OS

Microsoft® Windows Server® 2012R2 Standard以上
Microsoft® Windows Server® 2016 Standard
※すべて日本語版かつGUI使用サーバーに限る

Webサーバー

IIS 7.5 以上

.NET Framework

.NET Framework 4.6.2

関連資料

本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。


サービスの導入

03-5807-6011

お問い合わせ・ご意見はこちら

お問い合わせフォームでも承っております。