• SkyPDF
  • SkyAgent
  • SKYCOM
  • SkyPAS
  • 会社情報
  • 採用情報

SKYCOM

ニュースリリース

2016年4月 5日
株式会社スカイコム

PDFをOfficeやテキストファイルにかんたん逆変換
レイアウトを維持したまま文字や表も高精度に抽出する
「SkyPDF Converter」をリリース

~PDF作成とOfficeファイル等への逆変換の双方向で、さらなるPDF活用促進へ~

株式会社スカイコム(本社:東京都台東区、代表取締役社長:川橋 郁夫、以下:スカイコム)は、企業や官公庁・自治体などへ多数の導入実績を誇る、PDF作成・編集クライアントソフトウェア「SkyPDF」の追加オプション製品として、PDFをMicrosoft Office Word/Excel/PowerPoint、テキストファイル等へ変換する「SkyPDF Converter」を2016年4月5日より販売開始します。
簡単操作でPDFをOfficeファイル等に変換でき、PDF資料をもとに報告書等を作成する場合、データの再利用・再編集が容易に行えるようになります。


「SkyPDF Converter」は、PDF内の文字や画像、表などを高精度に認識し、元のレイアウトを保持したままカンタン操作でMicrosoft Office Word/Excel/PowerPoint、テキストファイルなどへ変換します。
スキャナー等で読み取ったPDFや画像が挿入されているPDFも、OCR処理で文字部分を認識し、編集が可能な文書データに変換することができます。
本製品はPDF作成・編集クライアントソフトウェア「SkyPDF Standard 2016」「SkyPDF Professional 2016」のオプション製品で、組み合わせてお使いいただくことにより、PDFファイルの作成から逆変換、再編集まで容易に行え、PDF利活用を促進します。

 

SkyPDF Converter

 

【製品特長】

PDFをOfficeファイルなどに変換

PDFをOfficeファイル(Word/Excel/PowerPoint)や、テキストファイルに変換でき、PDF資料をもとに報告書等を作成する場合など、データの再利用・再編集が容易に行えます。


かんたん操作で、複数ファイルも一括変換

PDFを右クリックして、ファイル形式を指定するだけのかんたん操作でデータ変換できます。プレビュー画面を確認しながらのデータ変換にも対応しています。また、複数ファイル(最大20ファイル)を一括変換することもできます。
右クリックからの一発変換も!


レイアウトを保持したまま高精度に再現

元のレイアウトを保持したまま、段落や図表を識別して、Word/Excel/PowerPointで再現します。
レイアウトの大きな崩れがなく、Excel表の再利用、PowerPointのプレゼンテーションの再編集など様々な場面でご活用いただけます。


透明テキストを埋め込んだPDFに再変換/編集

スキャナー等で読み取ったPDFや画像化されたPDFも、OCR処理で文字部分を認識し、その結果を透明テキストとして埋め込んだPDFに再変換できます。これにより、テキストコピーや文字検索が可能になります。
また、OCR処理で文字部分を認識する際、誤ったテキストが埋め込まれる場合がありますが、編集機能を使って修正することができます。

透明テキスト

【その他主な機能】

◎ 表の編集: Excelでの編集に最適
◎ Wordの流し込み編集: 「段組み変換」が可能
◎ 二ヶ国語対応: 日本語/英語
◎ 直感的な操作性: シンプルかつわかりやすいアイコン表示
◎ 変換時の出力方法を設定:
<主な設定項目>
出力解像度(96~400DPI)|カラー指定(白黒/グレー/カラー)|フォント指定|ノイズ除去
画像傾き補正|自動文字修正|類似文字自動補正|斜体認識

【対応ファイル形式】
変換対象ファイル形式 変換方法
テキスト埋込型PDF
(テキストを含む通常PDF)

透明テキスト埋込型PDF
(テキストを見えない形で埋め込まれたPDF)
Word 変換 (.doc)
Excel 変換 (.xls)
PowerPoint 変換 (.ppt)
テキスト変換 (.txt)
画像型PDF
(テキスト部が画像化されたPDF)

画像ファイル
JPEG/BMP/PNG/TIFF/GIF
Word 変換 (.doc)
Excel 変換 (.xls)
PowerPoint 変換 (.ppt)
テキスト変換 (.txt)
PDF変換 (.pdf)
※PDF変換形式は、「テキスト埋込型PDF」
「透明テキスト埋込型PDF」から選択できます。

関連資料

記載された内容は、掲載日のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
ご不明な点は、こちらまでお問い合わせください。


サービスの導入

03-5807-6011

お問い合わせ・ご意見はこちら

お問い合わせフォームでも承っております。