• SkyPDF
  • SkyAgent
  • SkyPAS
  • 会社情報
  • 採用情報

SKYCOM

ニュースリリース

2018年7月17日
株式会社スカイコム

タブレットのWebブラウザを介して表示したPDFドキュメントに手書き文字入力/電子サインが行える開発キットを三菱UFJ信託銀行が採用

株式会社スカイコム(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川橋 郁夫、以下:スカイコム)の、タブレット端末のWebブラウザを介して表示したPDFドキュメントに、電子ペンを使って手書き文字入力/電子サインが行えるデジタルインク開発キット(API)『SkyPDF WebAPI』が、このたび三菱UFJ信託銀行(取締役社長:池谷 幹男、以下:MUTB)の保険業務システムに採用されました。

MUTBは、渉外・窓口での保険商品販売時において、タブレット端末の画面ナビゲーションに従って勧誘・販売を行うことで、高品質なサービス提供が可能となるとともに、事務ミスを防止します。
タブレットに表示するPDFドキュメントはメンテナンス性に優れ、フローや記載内容に変更が生じた場合でも、容易に修正・更新でき、フレキシブルな運用が可能となります。

スカイコムのデジタルインク開発キット(API)『SkyPDF WebAPI』を採用して実現した主な機能

1)PDFに手書き署名/署名日時の刻印機能
お客様が書面に電子サインした日付と時刻を、証跡として書面に刻印し、PDFドキュメント内に保持します。

2)自動転記機能
お客様の意向通りに商品が選ばれていることを明確にするため、意向確認書で入力した意向を、保険商品選定シートに自動転記していきます。

3)手続き一時保存/再開機能
手続きが途中で終了する場合は、WebAPIサーバ内に、その時点までの手書き署名を含む入力データを保持し、手続き再開時に、前回終了時のステップから再開が可能です。

これらの機能により、「コンプライアンス強化」「ペーパーレス化」「業務効率化」、顧客の「入力負担軽減」に寄与します。

本開発キットは、国内外で豊富な導入実績を誇るスカイコムのPDFテクノロジーを柔軟に利用できるWebAPIに、手書き文字入力/電子サインが行えるデジタルインク機能が追加されたもの。REST I/Fを利用してこれらの機能を提供します。

本開発キットを利用することでシステムや、アプリケーションからのPDFドキュメントコントロールが実現でき、短期間・低コストでのシステム、アプリケーション開発が可能となります。


【製品情報】

SkyPDF WebAPI
REST I/Fを利用して、PDFの編集や変換技術を利用できるWebAPI

関連資料

本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。


お気軽にお問い合わせください

03-5289-0788

お問い合わせフォームはこちら

お問い合わせフォームでも承っております。