• SkyPDF
  • SkyAgent
  • SKYCOM
  • SkyPAS
  • 会社情報
  • 採用情報

SKYCOM

導入事例

西宮市 様

導入企業様HPへ

西宮市

全国の自治体が使う「被災者支援システム」に採用された、外字対応PDF閲覧ソフト

西宮市は1995年に発生した阪神・淡路大震災の際、被災者台帳の作成、被災者証明書の発行などを迅速に行った「被災者支援システム」を共通化し、総務省を通じて全国の自治体に無償配布された。このシステムに外字対応PDF閲覧ソフト「SkyPDF Viewer」が採用された。

導入の背景

自然災害時に被災者へ迅速な対応が求められる台帳などをPDF出力する際、普及している米国製PDF閲覧ソフトでは、外字を正確に表示できないことが課題となっていた。

導入の決め手

1.外字を正確に表示
2.国内メーカーのため、要望に対して迅速に対応可能
3.米国製ソフトを使う場合に比べ、利用申請等の手続きが不要

導入の効果

効果1:被災者証明書などの迅速な発行可能
他の閲覧ソフトウェアに比べ、外字対応を正確に表示し、かつ高速に表示可能

効果2:正確な表示
名字・氏名の表示及び申請書などに正確に記載するので、人名の間違いを防げる

効果3:要望に柔軟に対応
「国産ソフトウェアメーカのため、お客様のニーズに柔軟に対応

SKYCOM提供製品SkyPDF Viewer
詳細情報

PDF(211.9 KB)


サービスの導入

03-5807-6011

お問い合わせ・ご意見はこちら

お問い合わせフォームでも承っております。