• SkyPDF
  • SkyAgent
  • SKYCOM
  • SkyPAS
  • 会社情報
  • 採用情報

SKYCOM

導入事例

株式会社宮崎銀行 様

導入企業様HPへ

株式会社宮崎銀行

システム投資対効果を数値で把握して、システム増強の指数に活用

宮崎銀行は、情報漏えい防止対策の一環として、マルチベンダ対応セキュアプリントシステム「ザ関所」(※)を導入、2009年1月より本格稼動を開始した。

(※)「ザ関所」は機能拡張され、2011年より製品名が「SkyAgent Secure Print」に変わりました。

導入の背景

金融分野における個人情報保護に関するガイドライン(金融庁告示第67号)、JSOX法(内部統制)対策のため、印刷物による情報漏えい防止策として印刷ログや印刷情報のフッター差込み印刷を検討していたが、プリンタベンダごとに印刷ログ機能等が異っており、また、既存のプリンタで印刷ログ、印刷イメージログや印刷情報フッター差込み印刷ができないなどの課題に直面していた。

導入の決め手

1.印刷情報のフッター印刷に対応できる
2.印刷イメージファイルの保存(PDFログ管理)ができる
3.既存プリンタをそのまま使用できる
4.地元宮崎で開発された製品で運用、保守においても安心できる

導入の効果

今回の導入によって、「実際に誰がどれくらいプリンタを利用しているか」を、「ザ関所」(※)が提供している印刷ログから推測できるようになりました。また利用状況の確認で、システム投資対効果を具体的な数値で把握することができ、利用頻度の増加によるシステム増強の指数としても活用できるようになりました。

(※)「ザ関所」は、機能拡張され2011年より「SkyAgent Secure Print」に製品名が変わりました。

SKYCOM提供製品「SkyAgent Secure Print」(旧製品名:「ザ関所」印刷ログモデル [Aクラス])
詳細情報

PDF(758.5 KB)


サービスの導入

03-5807-6011

お問い合わせ・ご意見はこちら

お問い合わせフォームでも承っております。